2013年04月21日

~ その四、オちる。

*****

「あれ」

最後の言葉を聞いた後、いつの間にか気を失っていたようだ。

あれは……。夢?

私は、そう思った。いや、思いたかった。
あんな恐怖は、もう二度と経験したくなかったからだ。

私は、テレビを見た。
アレが、現実だったのかどうか確認したかったからだ。
しかしテレビに映っていたのは、ソウサセン。

《ゴォウー》

と、荒い音をたてて。

私は胸を撫で下ろし、安堵した。
テレビがついているのは、亜紀が暇つぶしにでも観たのだろう。
なにせ私は、長い間、寝てしまっていたのだから。

そして、亜紀を探した。
アレは夢だったと、肯定する為に。
しかし、居るはずの彼女は何処にも居なかった。

やっぱり、アレは実際?
いや。私が、うたた寝た間に彼女は帰ったのだろう。
私と亜紀の仲では、良くある事。珍しくもない。

きっと、そう。

と私は、自分を納得させた。
恐怖を誤魔化すよう。

しかし!

《プン》

放送(げんじつ)が、それを許さなかった。
再び、アレを映し出したのだ。

紅い雪が吹雪く、雪原に立つ黒髪の日本人形を。

私は、後悔した。
始めにテレビを確認した時点で、気づくべきだったんだ。
アレが、現実であったという純然たる証拠に。

テレビは、去年買った最新式のもの。
だから電波を受信していなければ、単色の青い画面になる。
すなわちソウサセンは、間違っても映し出さない。

そう。あれは砂嵐(ノイズ)じゃ無かったんだ。

紅く染まる前の白い雪だったんだ。
漆黒の闇に猛烈に吹雪いていた白い雪だと。
そう気づくべきだった。

そして、あの時点で、即座に、ココから逃げ出すべきだったんだ。
また……、ナレーションが流れる。

「このお話は、とても悲しい女の子のお話。受験を控えた哀しい女の子の」

雪には、人形の首辺りから噴出す血が混ざっていた。
だから雪は、紅かったのだ。血に染まり。

「行く先が決まってないの」

おもむろに言った。
ナレーションではなく、人形が。
その声は、どことなく亜紀のもののよう。

「だったら死ねば良い」

ナレーションが、どすの利いた男の声で告げた。
心を圧迫し、押しつぶすように。

「死ねば良いんだよ。お前自身が思ったようにな。あははは」

と。

私は腰を抜かし、動けなくなった。
ただただ恐怖に支配され。

「ねぇ。麻弥……、知ってる?」

人形が続けた。私の名前を呼びながら。
またカクカクと足を動かさずに日本人形が画面前面に来た。
その時、なぜ人形が私の名前を呼んだのか分かった。

首から上に、亜紀の生首が乗っていたのだ。
そう。声の主は、亜紀本人だった。

「人間の一番、重たい部分。それは首から上なの。頭が一番重いのよ」

彼女が、ニタリっと笑った。
紅い雪が、吹雪を越え、画面を真っ赤に覆った。
最後に亜紀が、ゆっくりと告げた。

「ねぇ。貴女も軽くならない?」

後、キャハハハと、高笑いを響かせながら。
私には、もう唯一つ。唯一つの事しか考える事ができなかった。

何もオちて来ないで!

と。

《ドサッ》

~ その四、オちる、了。

posted by 四草めぐる at 23:00| Comment(0) | ホラー小説 | 更新情報をチェックする

~ その参、何か。

《ドサッ》

私が亜紀に答えれなかった時。
亜紀が吐露した瞬間。

何かが、オちてきた。

私と亜紀の後ろ。
二人の視界が及ばぬ真後ろのスペースに。
とても重そうな、何かが。

「麻弥!」

亜紀が、私を呼ぶ。
顔を向けずに。

横を向けば、何かが視界に入るから。
怖くて、首を動かせないのだ。
微々たるとも。

彼女の首筋に力が入って、冷や汗が伝わっている。
私は横目で、確認する事できた。

何かを見たら、そこで終わってしまう。
何かが、終わってしまうのだ。

彼女の汗を目撃して、強くそう思った。
私もまた動けなくなっていた。

「そして! 軽くなるお話!」

急にナレーションのボリュームが上がった。
耳をつんざくような声量。さらに錆付いた鉄の塊のように重々しく。
深い闇の底から伸びる真っ白な手が私たちを引きずり込んだ。
恐怖という奈落へと。

私と亜紀は、押し並べて気圧された。

《ズリ……、ズリ……》

オちてきた何かが。
何かが、私たちに向かって、近づいてくる。
這いずるような鈍い音をたてつつ。

「軽くなるお話」

再度、ナレーションが告げる。

告げると同時。
今まで、うつむき顔が見えなかった人形の表情が表れた。
目をカッと見開き、歯を剥き出し大口を開けて。

ニタリっ。

と、笑っている表情が。
見開かれた人形の目は、殺意に満ちていた。

「軽くなりたいのは……、」

亜紀は半狂乱。
顔面蒼白で、涙を流しながらガタガタと震え、爪を噛み続けている。
ただ、もうどうしていいのか分からずに。

「どっち?」

怖がっては、ダメだ。
と私は、正気を保とうと努めた。
もし、亜紀のように恐怖に支配されてしまったら。

「もうダメ。耐えられないよ。麻弥」

亜紀が、諦め呟いた。
名前を付け加えたが、決して私にではなく自分に向かって。
それは、どうしもない絶望をよく表していた。
後、彼女は、不安を解消する為……、

振り向いた。

「キャハハハ! な~んだ」

彼女は、明るく言った。
さも大した事など無かったのだと思ったよう。
続けて……、

「ただの女の生首じゃん」

と、告げた。
朗らかに微笑みつつ。

「貴女ね」

亜紀の言葉に生首が答えた。
冷たく、どす黒く、そして深い憎悪を表し。
その声が、私の耳に粘っこく、ベタァっと貼り付いた。

~ その参、何か、了。

posted by 四草めぐる at 22:54| Comment(0) | ホラー小説 | 更新情報をチェックする

~ その弐、ターニングポイント。

「なんか。おかしくない。この放送って」

亜紀が、私の思考を遮り、ゆっくりと告げた。
言いたい事を誤魔化し言葉少なく。

彼女が、口にしたくない思い。
それは、この放送が、この世のものではないのではという疑問。
私も同じ疑問を持ったから、よく分かった。

作り物(フェイク)ではない。

そんな迫力を持っていたのだ。今、流れている放送は。

「ライブぽいし」

亜紀が呟く。
私と同じ恐怖を感じているようだ。

「ねぇ。亜紀。テレビ……、消さない?」

私が、亜紀に同意を求めた。
このまま見続けると、何かが起こると察知したから。
その何かは、とても耐えられない危険な事なのだと感じたのだ。

「そうね」

亜紀が同意した。
後に続く言葉を綴る事もままならず。
彼女が綴れなかったのは、なんか怖いしねという思い。
私は、そう思った。

なにせ私もまったく同じ思いだったからだ。

とにかく、亜紀がテレビのリモコンを手にとった。
放送(きょうふ)を断ち切り終わらせる為に。

「この話は、とても悲しい女の子のお話。受験を控えた哀しい女の子の」

亜紀の手が思わず止まる。
電源のスイッチに手がふれた瞬間、ナレーションが流れたのだ。
それも、衝撃的な内容を私たちに伝えつつ。
だから彼女は、消す事を躊躇した。

今、この時が、私たちのターニングポイント。
運命の別れ道だった。

もし、ナレーションなど気にせず、テレビを消していたら……。

「行く先が分からなかった女の子のお話」

陰鬱な声が続ける。
私の背筋が、ゾゾゾっと凍てつくのが分かる。
決して、真冬の寒さによって身体がではなく、心の芯が冷えたのだ。
亜紀もまた。

「気持ち悪いよ。この放送、なんか怖い」

彼女は、遂に耐え切れなくなったのか、思いを吐露した。
意を決し、必死で、私に助けを求めるかのように。

でも、私だって怖い。亜紀に助けて欲しいんだ。
この恐怖から今すぐ逃げ出したい。
と、切に思った。

だから亜紀に何も答えず黙った。
気持ちに応えれなかった。

~ その弐、ターニングポイント、了。

posted by 四草めぐる at 22:50| Comment(0) | ホラー小説 | 更新情報をチェックする

~ その壱、紅い雪。

そのテレビ放送は、不思議だった。

《……プン》

テレビが、小さな音を立てて、ついた。

今は夜中の二時。
外は、真っ暗。月や星さえも眠っている。そんな時間帯。
二月という寒い季節もまた闇を加速させる。
凛と張り詰めた凍りつく深淵。

普通、この手の経験は、真夏の暑い日と相場が決まっている。
が、私に舞い降りた非日常は、時雨れた冬の夜だった。
呼応するよう画面の中で、雪がちらつき始めた。
まるで、これからを指し示すよう。

画面の真ん中に日本人形が一つ、ポツンと在った。

艶やかな黒髪を寒風で揺らしながら。
しかし遠いアングル映像の為、表情を確認する事ができない。
どことなく、笑っている。そんな気もするが。

しかし私は、テレビが自然とついた不自然さに気づかなかった。

憂鬱な思いに襲われていたから。

私の名前は、高村麻弥(たかむら まや)。
現在、高校に通う女子高生。今年の四月から高校三年生になる。
後、三ヶ月もすれば卒業後の進路を考えなくてならない。
進路(ゆくさき)を考えると気が滅入ったのだ。

受験とは何故、こうも陰鬱な気分にさせるのだろう。
冗談だが、死にたいと思わせるくらいに。

とにかく、見えない先を不安に思い、
テレビが自然とついた事にまったく気づかなかった。

「ねぇ。亜紀。亜紀は進路、もう決めた?」

だから何気なく、隣にいる友達に聞いた。
そう。今、隣には、友達がいる。

西田亜紀(にしだ あき)。
彼女とは、無二の親友。小学校の頃からの幼馴染だ。
成績は、私と同じくらいの中の下。

だから彼女もまた進路を決めかねている。

「ん。麻弥」

考えたくない進路を聞かれ、
思いあぐねたのか言葉を詰まらせたと、私は思った。

「なんで、テレビがついてるの?」

しかし、違った。
続く言葉で、彼女は脈絡がない質問をしたから。
進路の事など、いや、私の話など聞いていなかったのだ。

彼女は、テレビに釘付けになっていた。

私の事など気にもせず、食い入るように画面に注目していた。
私は、彼女の態度に不満を覚えた。
が、それも瞬きする間。

「これは……、軽くなるお話。とても軽くなるお話」

と、出し抜けにテレビから重苦しいナレーションが流れたのだ。
まるで、世の果てから誘うような冷たい女の声で。

唐突!
カクカクと、不自然に日本人形が画面の前面に来た。
来たとは、歩いて来たかのように思えたから。
しかし、決して足を動かさず。

背景にちらついていた雪が、吹雪へと変わる。
ただし、今まで降っていた白い雪がではなく、紅い雪が。
雪に何かが混じっていたのだ。

それは……。

~ その壱、紅い雪、了。

posted by 四草めぐる at 22:46| Comment(0) | ホラー小説 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。